フォーデイズ 食の研究会 第1回体験イベント

フォーデイズ 食の研究会 第1回体験イベント

「新潟の郷土料理と古代米を食べる会」

 

「食の研究会」とは、人生を楽しむためのよりよい「食べもの」や

「食事」の在り方を追求する研究会です。

「学ぶ」「知る」「体験する」の3つを軸として取り組み、

食と健康にまつわる最新情報や活動内容をお届けしてまいります。

2018年1月19日(金)、フォーデイズ キッチンスタジオにて、

記念すべき第1回目の体験イベントとして

「新潟の郷土料理と古代米を食べる会」を開催しました。

永井会長の「研究会と称していますが、基本楽しくやりましょう!」

という挨拶で和やかに始まり、その後は、

フォーデイズ会員第1号である堀越 與喜衛さまより

古代米に関する講義がありました。

あまり知られていない「古代米のもつ栄養」や

「モノを売るうえで大事なこと」など、

「食」を切り口としてフォーデイズのビジネスにつながる

貴重なお話をしていただきました。

料理教室では、「のっぺ」と「米ぬかの卯の花」つくりに挑戦。

お待ちかねの実食では「美味しい!」と最高の笑顔が見られ、

大成功のイベントとなりました。

 

 

※フォーデイズの核酸ドリンク

「ナチュラル DNコラーゲン」をバージョンアップ

~発売 20 年目を迎えるにあたり、

第Ⅷ世代の新核酸ドリンクとして新発売~

同時に、「核酸ドリンク」の公式サイトも一新しました。

https://kakusan-drink.jp/

 

 

第7回 心をつなごう日本 “東北復幸祭” 2018

フォーデイズの社会貢献活動のひとつについてご紹介します。

 

第7回 心をつなごう日本 “東北復幸祭” 2018

新たな未来に向かって、踏み出す一歩

 

日時:2018年2月24日(土)

会場:郡山市民文化センター

主催:産経新聞社

協力:フォーデイズ株式会社

後援:郡山市、郡山市教育委員会、福島民報社

認定NPO法人 郡山ペップ子育てネットワーク

NPO法人 安らぎ呼吸プロジェクト

 

被災地の方々に元気と笑顔を届けるために

2012年から始まった「心をつなごう日本 ‘’東北復幸祭”」は、

今年で7回目を迎えます。

フォーデイズは、東日本大震災の復興支援として、

このイベントに毎年協力しています。

第1部は、元プロ野球選手で現在は

ベースボール・チャレンジ・リーグの福島ホープスの監督として

活躍中の岩村 明憲氏の挨拶から始まり、

認定NPO法人 郡山ペップ子育てネットワーク

理事長の菊池 信太郎氏と

NPO法人 安らぎ呼吸プロジェクト創設者である

本間 生夫先生(昭和大学名誉教授)が

福島の未来をテーマに対談。

菊池氏が震災後、郡山市に子供の心のケアを目的として

開設した「PEP Kids Koriyama」についての話や、

今後の子供の養育環境や居場所づくりについて

語り合われました。

その後、〝ラッタッタ呼吸体操〟の実演もあり、

皆さま一緒になって体を思いっきり動かしてリフレッシュ。

会場全体が元気いっぱいな空気に包まれました。

第2部は、シンガー・ソングライターの平松 愛理氏による

コンサートで大いに盛りあがり、

今年も東北の方々とひとつになって感動を

分かち合える貴重な場となりました。

 

その時の様子を下記のダイジェスト動画からご覧いただけます。

 

第34回 フォーデイズ アジェンダ 香港・マカオ

第34回 フォーデイズ アジェンダ 香港・マカオ

参加者は645名。初参加者は230名でした。

2018年2月27日(火)から3月3日(土)まで、

4泊5日のフォーデイズ海外アジェンダを行いました。

初日は、香港に到着後フェリーでマカオに移動。

2日目の午前中、アジェンダセミナーを開催。

 

香港マカオアジェンダセミナー

 

午後から、グループ毎にマカオ市内観光組と

自由行動組に分かれて、それぞれのマカオを満喫。

カジノと言えば「ラスベガス」を連想しそうですが、

それをしのぐ勢いで発展を続ける一大レジャー都市マカオ。

360度、そびえ立つ巨大なホテル群は未来の建物?と思えるほど。

そこを一歩離れると、30か所の世界遺産に触れることができる

なんとも贅沢な歴史的都市でもあるのです。

夜には、懇親会で大いに盛りあがりました。

 

香港マカオアジェンダ市内観光

 

3日目は、香港に移動して、

フォーデイズ香港サロンを順次、訪問。

そこでは、香港の会員さまと代表和田が、垂れ幕を掲げて、

日本の会員さまをお出迎え。サプライズでしたね。

みんなで記念撮影。

 

フォーデイズ香港サロンお出迎え

 

4日目は、香港市内観光・100万ドルの夜景観光など、

すべてに非現実を味わうことのできるアジェンダツアーでした。

初参加された方々のコメントを中心にダイジェスト動画を作成しました。

次回の韓国アジェンダには、

大切な友人を誘ってご参加いただけましたら幸いです。

 

フォーデイズ シンデレラ プチフェス 2017年度 総集編

2017年5月、フォーデイズでは初のイベントとなった

愛媛県松山市で開催した「シンデレラフェス2017」

ご好評にお応えし、2017年12月から2018年2月にかけて、

ミニ版「シンデレラ プチフェス」を全5地域で開催!

メインイベントである「シンデレラ変身ショー」は、

1部・2部それぞれ3名の会員さまがモデルに選出され、

変身を待つ間、「ラッタッタ呼吸体操」の実演や

生バンド演奏によるダンスタイムで熱気に包まれた後、

いよいよ・・・レッツ ショータイム!

メイクアップとドレスで美しさが増したシンデレラが、

ビューティークルーにエスコートされて登場すると

会場のボルテージはマックス。

怒涛の拍手喝采と大歓声!鳴りやまず(笑)。

シンデレラの魔法を体験していただいた

モデルの皆さまに最高の笑顔で締めていただきました。

 

【メモリアルデータ】

①シンデレラ プチフェス in 札幌

2017年12月11日(月) 参加者850名

②シンデレラ プチフェス in 姫路

2018年1月19日(金) 参加者1,010名

③シンデレラ プチフェス in 小倉

2月7日(水) 参加者1,000名

④シンデレラ プチフェス in 岐阜

2月13日(火) 参加者880名

⑤シンデレラ プチフェス in 福島

2月20日(火) 参加者500名

各地での様子をダイジェスト動画でご紹介します。

 

 

さて、シンデレラ  プチフェス・・・

さらにさらにご好評につき、

皆さまの期待にお応えし、

今年度追加開催を決定しました。

パチ!パチ!パチ!!

現在、確定した地域・会場と日程をご案内します。

2018年9月27日(木) 岩手県一関市 ベリーノホテル一関

2018年10月16日(火) 鹿児島県霧島市 ホテル京セラ

2018年10月25日(木) 神奈川県横浜市 大さん橋ホール

2018年11月20日(火) 埼玉県川越市 川越プリンスホテル

2018年12月18日(火) 長野県松本市 ホテルブエナビスタ

2019年1月11日(金) 広島県広島市 広島国際会議場

 

FORDAYS 春 2018 in KUMAMOTO

2018年3月14日(水)、

今年で7回目を迎える「フォーデイズ 春」を熊本で開催しました。

なんと、フォーデイズの会員さま約5,300名が、

全国各地からお集まりくださいました!

 

フォーデイズ春会場外観

 

メイン会場では、義足のプロダンサー大前 光市さんによる

感動的なダンスパフォーマンスで幕開け。

 

オープニングアクト

 

熊本の実行委員会の方々が、ステージに登壇され、

会場一体となって「Let’s FORDAYS!」と一斉に唱和。

特別講演会とともにエンターテイメントショーで笑いあり、涙あり。

熊本の美味しさがギュッとつまった豪華なお弁当を堪能。

 

熊本実行委員ご挨拶

 

特別セミナーでは、食文化史研究家の永山 久夫先生が

「“人生100年”の時代 100歳食入門」と題し、

“ 笑うこと”や、“ 食生活”の重要性について

愉快な語り口で進められました。

そして、トップメンバーによるセミナーでは、

座りきれないほど多くの方にご参加いただき大盛況!

今こそ行わなければならないことや

フォーデイズの魅力について語っていただきました。

 

特別セミナー「食の研究会」

 

フォーデイズの活動や楽しさが体感できる展示エリアでは、

仲間とともに春を満喫する姿がたくさん見られました。

また、話題のビューティークルーによるメイクサービスで

大変身された会員さまたちが、その界隈を彩り、

明るさ、華やかさで春爛漫といったところ。

 

ビューティークルー

 

どりんぴん記念撮影

 

「今だからこそ、エネルギーをもらいに来ました」

「いつもワクワクドキドキがあって楽しい」と

元気あふれるお声をいただき、

今回も、集まることの大切さを実感できる

「フォーデイズ 春」となりました。

その時の記録映像をまとめました。

どうぞ、ご覧いただけましたら幸いです。

 

 

尚、末筆になりますが、

熊本地震で被害を受けた熊本城復興を支援するため、

「フォーデイズ 春」のチケット代の一部(6,000円のうち1,000円)と

会社からの寄付金を合わせた800万円を

「熊本城復興支援金」として、

熊本県に寄付させていただきましたことをご報告いたします。

 

熊本県庁にて目録の贈呈

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 76