第4期ネパール自立支援視察報告(2)

ネパール自立支援を始めて、

4年が経ちました。

地元のお母さん方のミシン技術が、

みるみる上達しており、

自立に向けて将来が楽しみです。

そして子供たちも

明るく屈託のない笑顔がとても印象的で、

こころに焼き付いています。

1月13日にサランコット村を訪れ、

会員さまとともに大歓迎を受けました。

そして当日、ハンディクラフトフェアの

イベントが開催されました。

今回は、フェアで行われた式典の一部、

代表挨拶の模様をご覧いただきたいと思います。

 

第4期ネパール自立支援視察報告(1)

1月10日(木)17時30分、

成田空港を出発。

バンコクを経由して、

翌11日(金)12時45分

ネパール・カトマンズ空港に到着。

1月15日(火)帰国。

5泊6日の視察旅行でした。

「今回の第4期ネパール視察団」

会員さまの参加は、

過去最高の73名となりました。

皆さま、お疲れ様でした。

以下には、フォーデイズ視察が

ネパールでどのように迎えられたかの

新聞記事をご紹介します。

 

※ヒマラヤン・タイムス表紙(英語、16ページ):1月14日

ネパールシナプス自立支援視察新聞1

フォーデイズによるネパール自立支援活動の記事(ビジネス面10ページ目)

タイトル:「フォーデイズ社が貧困層への

支援プログラムを開始しました。」

ネパールシナプス自立支援視察新聞2

日本の多国籍企業フォーデイズ社

(国内売上350億円超)は、

田舎の貧しい村民に光を灯しました。

フォーデイズ社は、ポカラ・サランコット村のレストランを通して、

貧困層支援プログラムを行っています。

レストランの収益を現地女性の識字能力向上、

技術トレーニング、現金収入プログラムなどに

活用しています。フォーデイズ社の和田社長は、

『ネパールのレストラン事業は、

弊社の社会貢献活動に基づいており、

ここで得た利益は、全てネパールに還元します。』

とCSR活動に取り組む決意を語りました。

サランコットのレストランの経営は、

新設された現地企業に移管・運営されており、

レストラン・コーディネーターSangpo氏は

『レストランは福祉活動に8億ルピーを使った』

と発表しています。

また、フォーデイズ社はネパール観光推進の為に

日本で定期的に活動しており、和田社長は、

『毎年、会社のメンバー約100人と一緒に

ネパールに来ています。』と述べました。

また、ネパール人アドバイザーGhimire氏は、

『フォーデイズ社は、年4回開催される重要会議の前に、

必ずネパールに関するビデオを放映しています。」

と言っています。

フォーデイズ社は、同じくネパール観光推進の為に、

ヒマラヤキャンディーを開発・販売してきました。

女性・子供・福祉担当大臣Neupane氏は、

『フォーデイズ社の活動に感謝しています。

この功績はネパール国民に希望をもたらすものです。』

を賛辞を贈りました。

 

以下、現地ネパール語の新聞記事です。

視察旅行に参加された会員さまとともに

紹介されました。

ネパールシナプス自立支援新聞3

2012年 フォーデイズ アジェンダ バリ ご報告②

2012年11月27日から12月4日まで、

フォーデイズ AGENDA海外研修

ツアープログラムバリを実施しました。

第1報に続き、遅ればせながら第2報となります。

期間中のオプショナルツアー、研修会などなど、

会員さまの楽しい笑顔、真剣な横顔、

その他の様子を旅のアルバムとしてまとめました。

11月30日の懇親会のエンディングで、

この映像を流しました。

自分の写真が画面に出ると、

各テーブルから拍手が起こったり、

会場中が笑顔になったり、

和やかな笑いが起きました。

 

2012年 フォーデイズ アジェンダ バリ ご報告①

2012年フォーデイズ アジェンダ

海外研修ツアープログラム

バリ6日間についてご報告します。

 

 

今回は、成田・中部・関空・福岡の4つの国際空港から、

7グループに分かれて、バリ島に行きました。

 

 

全てのグループが一同に揃う11月30日に

ウェスティンホテルに併設されたコンベンションセンターにて、

全体ミーティングと懇親パーティーを開催しました。

午前10時ミーティングスタート!

 

フォーデイズアジェンダ社長挨拶

 

社長挨拶、常務挨拶と続き、

会員さま3名の方による現況報告などなど。

 

フォーデイズバリアジェンダ18

 

今回のアジェンダに参加された約340名の方々に対して、

サプライズ発表も飛び出し、

ワクワク、ドキドキするミーティングとなりました。

午前中、ミーティングをお開きとして、夕方6時より、

懇親パーティーのスタートです。

 

フォーデイズバリアジェンダ15

 

パーティー会場エントランスには、

現地の方々による、歓待の踊り。

民族衣裳と民族楽器で暖かく迎えていただきました。

 

 

会場ホワイエでは、社長・常務も皆さんをお出向え。

 

 

まずは、パーティースタート前の雰囲気。

さしづめ嵐の前の静けさといった様子。

 

フォーデイズバリアジェンダ10

 

生バンド演奏をきっかけに、まずは社長が壇上にあがると、

各テーブルにいたみなさんが一気にステージに登壇し、

Let’s DANCE!

 

フォーデイズバリアジェンダ16

 

パーティーの終盤は、フォーデイズ恒例の大抽選大会!

かくして、一堂に会したアジェンダの一日は

大きなトラブルもなく

バリの暑さを吹っ飛ばす熱気で

大いに盛り上がったことは言うまでもありませんでした。

 

(以上)

ネパール支援視察ツアー(スライドショー)

2012年4月にグランドオープンした

サランコット・フォーデイズレストラン。

第3期ネパール視察から半年後の10月

レストランの状況やその他支援活動の視察のため

ネパール・サランコット村を再び訪問しました。

 

 

スライド補足説明

○レストランの施設は、すべてにおいて浄水を使用、

イタリア製のエスプレッッソマシンの導入、WIFI通信、

ホテルグレードのトイレなど清潔な環境を実現し、

最高の環境でお客さまをお迎えしております。

○ミシン講習は第3次基礎講習を実施するに至り、

技術を習得した卒業生の皆さんが、その成果を得るために

製作グループSFWHを結成しました。

サランコット・フォーデイ ズ・ウィミンズ・ハンディクラフト(SFWH)

○レストランの隣にあるマニジョッティ小中学校では、

学校長を始めとした地域住民からの要請を受けて、

継続的な支援の一環として、8年生学級と図書室を寄贈しました。

○また、地元ポカラの旅行、ホテル、レストラン等の関係者を招待し、

サランコット・フォーデイズレストランのレセプションを開催。

レストランの最大のセールスポイントは、

収益のすべてがサラン コット村の公共のために

使われることを説明し、協力を求めました。

レセプション参加関係者からは、

大変すばらしい支援事業だと賞賛されました。

○このフォーデイズの支援事業は、地元の人々により設立された

NGOに継承され、発展していくことになります。

観光資源の開発、ミシン講習生の自立、

そして、支援の最終目標は未来を担う子供たちに

最適な教育環境を確保することです。

 

ネパール支援視察ツアーを

以下の要領にて実施します。

◆日程:2013年1月10日(木)~1月16日(水)予定

◆発着空港:成田・中部・関西・福岡

◆費用:お一人様 約¥180,000(特別料金です)

◆申込締切:11月30日(金)

◆お問合せ先:ネパールシナプス自立支援協会

TEL03-5614-9772

尚、参加申込書と詳細は、

FAXBOX:06-7636-9772(BOX番号12103)

にてお取り寄せください。

皆さま方のご参加を心よりお待ち申し上げております。

ネパール支援視察ツアー募集中!

ネパール第2の都市ポカラに隣接するサランコット村

壮大なヒマラヤ山脈の大パノラマを望むことができます。

観光地にもかかわらず整備不足から、

男性は出稼ぎのために地元を離れ、

女性は伝統的な農業に従事し、

困窮が続いている状況でした。

そんな中、サランコット村の経済的自立を支援するために、

数年に及ぶ計画と周到な準備の下、

サランコット・フォーデイズレストランが

2012年4月にグランド・オープンしました。

あれから半年後の10月・・・・・

その後のレストランの状況やその他の支援活動を視察するため、

ネパール・サランコット村を再び訪れました。

何ものにも変えがたいサランコット村からの眺望が、

訪れる人々をいつもながら歓待してくれます。

グランドオープンの記念式典に参列した

第3期ネパール視察メンバーの皆さん方が

寄贈したベンチも大切に利用されています。

お母さんたちの経済的自立を支援する為に立ち上げた、

フォーデイズ・サランコットワークトレーニングセンターでは・・・

基礎コースを修了し実習コースへ進んだお母さんたちが

一日も早く技術を習得し、自分たちで収入が得られるように

一生懸命がんばっています。

ミシン講習を終了したお母さんたちにより結成された製作グループ

SFWH(サランコット・フォーデイズ・ウィミンズ・ハンディクラフト)が、

レストランに併設されたショップで活動しています。

日本から提案されたデザインで作成されたハンディクラフトです。

来年のフォーデイズ春2013in神戸で販売予定です

レストランの隣に位置するマニジョッティ小中学校です。

学校長や地域住民の要請を受けて、継続的な支援の一環として寄贈した

8年生教室と図書室があります。

お母さんたちが職業訓練を通じて自立し、収入を得られるようになれば、

子供たちは安心して学校に行けるようになります。

そして、レストランの収益はすべてサラン コット村の開発のために使われます。

一過性の支援ではなく、まさに循環型の経済支援により、

この地域の発展と未来を担う子供たちの最適な教育環境を確保することが、

フォーデイズの願いでもあります。

 

更に成長したサランコット村の2013年のスタートを

一緒にご覧になりませんか

 

ネパール支援視察ツアーを

以下の要領にて実施します。

◆日程:2013年1月10日(木)~1月16日(水)予定

◆発着空港:成田・中部・関西・福岡

◆費用:お一人様 約¥180,000(特別料金です)

◆申込締切:11月30日(金)

◆お問合せ先:ネパールシナプス自立支援協会

TEL03-5614-9772

尚、参加申込書と詳細は、

FAXBOX:06-7636-9772(BOX番号12103)

にてお取り寄せください。

皆さま方のご参加を心よりお待ち申しあげております。

ショコラとワインの夕べ

11月15日(木)、

東京プレミアムスペースにおきまして、

プレミアムサロンのお披露目と

ショコラトリー「pourjours」の店舗展開について

ご説明をさせていただく為に、

関東のTRDとTDとSSDの有志44名の方に

お集まりいただきました。

 

 

17時スタート。

司会進行のN澤係長より、

ご参加いただいたお礼と開始のご挨拶。

「プレミアムサロンをご利用になったことがある方は?」

の問いかけに手をあげる会員さま

 

 

続いて、社長より「ショコラとワインの夕べ」

開催の主旨説明と2月のセミナープレゼント

について改めて告知させていただきました。

 

 

pourjoursタブレットオーレ@1,100(税込)

カカオ41%のミルク味の板チョコです。

プレミアムスペースから「オオッ~~~」という

怒涛のような歓喜のどよめきが起こりました。

 

 

ショコラとワインの夕べ・・・乾杯

 

 

至福の一粒「ボンボンショコラ」に

手を伸ばす会員のみなさん。

 

 

11月も半ばを過ぎると巷では、

いよいよクリスマスツリーの登場となります。

ほんのひと時、別次元の空間を体験された会員さま・・・・

一足早いクリスマスパーティーとなったのではないでしょうか。

 

2012年 フォーデイズ 第12回 全国大会③

10月20日(土)

第二部懇親パーティー会場

(パシフィコ横浜:展示ホール)

 

赤い帯すなわちレッドカーペットの通路で、

14ブロックに仕切り、

全テーブル400卓を配置。

 

フォーデイズ全国大会2部

 

広大な空間に4,000名の会員さまが

指定のテーブルに着席するまで、

社員のみならず、会員さま有志に

誘導・案内をしていただきました。

 

17時30分懇親パーティースタート。

恒例のオープニングDVD上映。

弊社の姿勢を周知する新バージョンです。

大型スクリーンを左右2箇所合計4面設置して、

まずは主催者として代表挨拶。

 

フォーデイズ全国大会2部社長挨拶

 

そして来賓挨拶、来賓紹介と続き、

ご来場のTSD会員さま131名に

ご登壇いただいての紹介。

 

フォーデイズ全国大会2部乾杯

 

鏡開きは、新規昇格された5名のTSD会員さま。

ハッピを羽織って頂き、場を盛り上げ、

ご存知!住乃井の銘酒四斗樽酒に

木槌を入れて、乾杯の御発声は、

新規TSDを代表して「N村Sぶ」さまにいただきました。

 

フォーデイズ全国大会2部食事

 

パシフィコ横浜と同じ「みなとみらい」にある

ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルの

宴会場がこの日ばかりは、

デリバリーフル稼働でおもてなし。

フレンチフルコースをご堪能いただき、

ご歓談に花を咲かせていただいた頃合を

見計らって、サプライズショーの始まり。

目隠しパネルから出てきたのは、

は~るばる来たぜ!横浜~~

400卓のテーブルから、

一斉に喚声と拍手の嵐・・・アラシ・・・

広大なパシフィコ横浜のホールが、

この波動砲で割れた・・・・そんな気がしました。

 

フォーデイズ全国大会2部オンステージ

 

K島S郎オンステージ・・・

ステージ上のSブちゃんも、

「こんなに盛り上がる観客は珍しい」と

大いに興奮され、プラスアルファの

サービスタイムを設けてくれました。

 

フォーデイズ全国大会2部抽選

 

さて、懇親パーティーもいよいよ佳境に入り、

興奮企画の第二波。

フォーデイズ恒例の大抽選会

スクリーンに映し出される「当選卓の番号」

心鎮めて、画面を見上げます。当たっていますように

 

フォーデイズ全国大会2部スイッチオン

 

20時30分

いよいよお開きは、お決まりの「スイッチ・オン」!

しかし、名残惜しいものです。

 

フォーデイズ全国大会懇親会

 

また来年お会いしましょう!!

今後とも核酸ドリンク・・・

どうぞ、よろしくお願いします。

ありがとうございました。

2012年 フォーデイズ 第12回 全国大会②

4,000名の会員さまにお集まりいただいた

フォーデイズ全国大会。

会員の皆さまのご協力をいただき、

無事に終了いたしました。

まずは、第1弾に引き続き

報告させていただきます。

 

第一部講演会:国立大ホール

エントランスホールには、

ナチュラル DNコラーゲンが、

空中に浮いており、

私達に迫ってくるような勢いで迫力満点です

 

フォーデイズ全国大会1部エントランス

 

エントランスの奥は全面ガラス張りで、

みなと横浜の海が広がっています。

 

フォーデイズ全国大会1部ネパールブース

 

このマリンロビーが展示コーナーになっており、

ネパール自立支援協会、pourjoursをはじめ、

弊社のさまざまな企業活動の発表の場となりました。

サランコット村のハンドメイドクラフトも販売しました。

 

フォーデイズ全国大会1部どりんぴん

 

第一部13時開始!

マーチングとカラーガードによる華やかな演技の後、

いよいよ・・・満を持して「どりんぴん」登場

オープニングアクトに花を添えました。

 

フォーデイズ全国大会1部1

 

2012年8月23日生まれ。

核酸ドリン国出身。性別不明。

男らしい逞しさと女らしい優しさを兼ね備える。

人の心と体を癒して元気に導くのが特技。

 

フォーデイズ全国大会1部社長挨拶

 

社長挨拶そして・・・・新LUセラムの発表

 

フォーデイズ全国大会1部3

 

その後、U住先生、M永先生、

S田先生(産経シンポジウム映像)、

O川先生による講演。

 

フォーデイズ全国大会1部ステージ

 

これからの活動に役に立つ講話をいただき、

4名の先生に花束贈呈した後、

会場にお集まりいただいた4,000名の会員さまとともに、

「スイッチ・オン」で記念撮影!

 

フォーデイズ全国大会1部どりんぴんパネル2

 

マリンロビーに設置された「どりんぴん」パネル。

こちらも「カワイイ!」と好評でした。

1 10 11 12 13 14