謹賀新年

フォーデイズ株式会社 代表取締役社長 和田による「新年のご挨拶」動画の全文です。

 お時間があるときによろしければ、動画とともにご一読いただけましたら幸いです。

あけましておめでとうございます。

2022年の幕開けを皆さん、どんな思いで迎えていらっしゃるでしょうか。

 今年こそは、「平穏であれ、健康であれ、すべての人たちが幸せであれ!」と、そんな願いを強く思った年は少ないのではないかな、思います。

 コロナ感染問題は、私たちの生活を大きく変えました。私たちフォーデイズの中にも大きな変化がありました。

 人と人とのつながりをもう一度、大切と考える人たちが、6人会を通じて、「またみんなで会える」そんな場所をたくさんつくっていただきました。

 そんな時に、皆さんの力で、フォーデイズは、一昨年は8億円の売り上げをアップさせ、そして今期は、300億円以上の売り上げを見込める、そんな事業にしていただきました。

 本当に心より皆さんの活動に感謝を申しあげたいと思います。「ありがとうございます。」

 また、この2年間はZOOMを通して、日本中の会員の方々のリアルな声を聞くことによって、参加されている方に不安感を出さないことがとても大事なんだ、要は活気を常に出しているということがとても大事なことなんだ、ということを改めて気づかされました。

 その中で私が考えていますことは、ネットワークビジネスに対する社会的評価を上げることはもちろんですが、どうやってこの壁をまず毎日クリアしていくか、それは、この壁を超えるのは、人と人との信頼以外にない。

 それは、企業として、前を走ってくださる人たち、そして友達に今、伝えようとしてくださる人たちに、本当に信頼を勝ち得る企業になっていかなければいけないということだと思います。その信頼があるからこそ、その高い壁を一歩踏み上げて、入ってきてくださる方がいるのだと思います。

 そういうふうに、これから入られる方にとっても、そして会員の方々にとっても、「やっぱりフォーデイズでよかった」と思っていただけることを具体的にやっていかなければいけないと思っています。

 今回は「めっせいじ」の新年号にも書かせていただきましたが、私たちが信頼を得るためにできることは二つだなと思っています。

一つは、やはり「製品」です。

 具体的には、多くの会員の方がたは、製品に対して代価を支払われます。この価値が本当にあるかどうか、とても大切なことだと思います。

 その中で人の遺伝子をつくる栄養素である核酸はどんな機能を持っているか、そのことをしっかり研究しなければいけませんし、私たちの体に摂り入れられる研究もしていかなければならない。

 もちろん自社の研究室も造りました。同時に、東京大学を始めとして国公立の大学を中心に16の研究室と研究開発をしています。

 多くの先生方から、驚きの声を聴かせていただくこともありますし、「もっと、こうした方がいいのではないか」という提案をいただくこともあります。

 そういったものを反映しながら、大切な方に届ける製品です。

 そして、2点目は、「経済」という問題についてです。今、このような時期で、多くの方が悩まれているのではないかと思います。

 私は「どこよりも、誰でも参加できる、誰にでも公平であるプラン」で、そして、「できるだけ多くの報酬を、仕事をする人たちに払える仕組み」をつくっていきたいと思っています。

「楽しみながら、そしてこれを続けていきたい。生きがいにしたい。」そういう仕組みも必要なのではないかと思っています。

 昨年はなかなか集まれない中で、「フォーデイズガーデン」という、皆さんの大切な人とひと時を過ごしていただきました。今年もその場面をつくっていきたいと思います。

 核酸ドリンクを発売して22年、いろんなことがありました。でも、23年目は、みんなで笑顔で集まりましょう。

 そして皆さんの人生がもっと輝くように、そして人生が変わったという声を、たくさんいただけるように、今年一年、私たちもそのことをよろこびとして進んでいきたいと思います。

皆さんの飛躍を期待するとともに、今年一年、一緒に楽しんでいきましょう。よろしくお願いします。

最後に、「楽しいことは2022年からレッツフォーデイズ!」

今年もフォーデイズ社長室ブログよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です