健康運動指導士 岡田先生の「顔のたるみ予防」

いつでもどこでもマスクを着用して生活する時間が長くなりましたね。

顔に圧をかけるマスクでの会話は、口を大きく動かせないため、
表情筋をあまり使わなくなりがちです。

さらに、顔半分が隠れているので、他人に見られる緊張感がなくなり、

無表情になりやすく、表情筋が衰え、顔がたるみやすくなります。

そこで、簡単に顔の筋肉を使える方法をご紹介します。

ご自分のペースで無理なくやってみてください。

「笑う」「頬を膨らませる」「咬筋(食物をかむ時に使う筋肉)ほぐし」、
どれも手軽にでき、まんべんなく表情筋を使えます。