Home » セミナー » 2019年 フォーデイズ トップメンバー&ツイン会議

2019年 フォーデイズ トップメンバー&ツイン会議

2019年6月4日(火)、
東京日本橋のロイヤルパークホテルにて、
フォーデイズ のトップメンバー・ツインスターディレクター
合計243名の会員さまにお集まりいただき、
2019年度の下半期に向けて、
新規顧客獲得に向けた営業戦略を共有するための重要な会議を開催しました。                    

フォーデイズ トップメンバー&ツイン会議

代表和田より「現況報告並びに未来構築」
「皆さんには、海外アジェンダにはぜひ行っていただきたい!
普段とは違うものを見て、違うモチベーション、違う話題ができるからです。
『フレンドリーセミナー』があるからこそ、フォーデイズ の新しい時代を
築けます。おひとりおひとりが、ぜひ素晴らしい『フレンドリーセミナー』を
開催してください。」

代表和田 「現況報告並びに未来構築」

専務M本より「営業報告」
「5月度は皆さんの力が充分発揮できたのではないでしょうか。
この勢いで、年末まで走り続けましょう!
そして、5月に開催した『SD&コーディネーター合同勉強会』に参加した
方たちと一緒に、『フレンドリーセミナー』を推進してまいりましょう。」

専務M本 「営業報告」

営業統括部より「営業連絡」
続々登場する新製品の情報発信。
「フォーデイズ ビジネス」の強みの再確認。
グループの方、新規の方に、お伝えいただきたい多数の内容を
発表しました。

続いて、4月度にツインスターディレクターにご昇格された
お二人の会員さまよりスピーチを頂戴しました。

愛媛県 N須 ふさのさま
「『金銀銅 特別登録キャンペーン』が、グループの人数を増やす大きな力に
なりました。グループの人たちに、ひとり残らず、このキャンペーンを
お知らせしようという気持ちで、メンバーさんが動いてくださったことに
とても感謝しています。」

N須 ふさのさま

愛媛県 N崎 政幸さま
「楽しいことを全力ですることも大事ですが、
全力でするからこそ楽しいし、ドラマが生まれます。
フォーデイズ 活動でしっかりと収入を得て、
生活をしているメンバーが、何人もできています。」

N崎 政幸さま

続いて、今回の会議の内容を受けて、これからどのように活動していくかを、
抽選でお二人の会員さまより発表していただきました。

熊本県 M輪 浩章さま
「私のグループの方もこの会議の場にいるので、
一緒に『フレンドリーセミナー』を充実させ、
新規登録してくださった方のフォローをしていこうと思います。」

M輪 浩章さま

北海道 T橋 亘さま
「初心に返って、集客も動員も、自分から実践していきます。
そして、グループの人に収入を得る意識を強く持ってもらおうと思います。」

T橋 亘さま

続いて、新しくトリプルスターディレクターにご昇格された
兵庫県 F本 喜美子さまに、トリプルバッジの授与が行われ、
ご挨拶を頂戴しました。
「紹介者からフォーデイズを伝えてもらって人生が変わりました。
私も誰かの人生のお役に立てたらうれしいので、楽しみながら活動します。」

記念撮影
F本 喜美子さま

しばし休憩の後、引き続き同ホテルにて懇親会。

代表和田の挨拶
「フォーデイズ は、ディレクターになって初めてよさがわかっていただけると
思いますので、ひとりでも多くの方にディレクターになっていただきたい!
多くの方々にご参加いただいて、自分たちでつくっていくフォーデイズ を
実現していただけたらと思います。」

代表和田 挨拶

会員さま代表挨拶
熊本県 Y永 千代子さま
「会社がいろんな企画を打ち出してくださいましたので、
新たに自分のグループの方たちを育成し、たくさんボーナスを取って
いただけるように、がんばって応援していきたいと心から思いました。」

Y永 千代子さま

福岡県 H本 八重子さまより乾杯のご発声

H本 八重子さま

しばしご歓談。

懇親会

フォーデイズ フィリピン事業の活性化にご尽力いただいている
北海道 Y竹 剛樹さまからのご挨拶。
「フィリピンの現地の方たちとテレビ電話などで話しますと、本当に毎日
がんばっていらっしゃることを感じます。日本からフォーデイズ が始まって、
アジアに広がっていくことを実感させてもらっています。」

Y竹 剛樹さま

宴もたけなわの頃合いでお開きの挨拶。
神奈川県 Y崎 佳代子さま
「フォーデイズ に登録して20年が経ちました。
なくてはならない会社、環境なので、これからもがんばっていきます!」

Y崎 佳代子さま

皆さまから、明るく前向きなお言葉を多数いただき、
トリプル、ツインとしての力強さを感じさせていただく会議となりました。
ご参加いただきありがとうございました。
令和の時代も会社との「協創」をよろしくお願い申しあげます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です