Home » イベント » 東北復幸祭2016

東北復幸祭2016

東日本大震災発生からまもなく5年を迎えようとしています。

「東北復幸祭」の趣旨は、被災地の皆さまに「元気と笑顔を届ける」

ことであり、今年は5回目の節目の年となります。

復興に向けて更なる「一歩を踏み出す」ことを応援する意味で、

今回は「“Step Forward”〜一歩踏み出す〜」をテーマに、

宮城県名取市での開催となりました。

2月21日(日)

於:宮城県名取市文化会館大ホール

参加者:1,350名

 

東北復幸祭2016

東北復幸祭2016

 

東北復幸祭2016

東北復幸祭2016

 

会場では、津軽三味線や仙台吹奏楽団の演奏が披露され、

星野 仙一氏による講演会も行われました。

星野氏は、平成25年にプロ野球「東北楽天」監督として

日本一になったことを振り返り、

「被災地の子供たちとの約束をはたせてほっとした」と

語られました。

 

そして、東北の子供たちが心身のケアをサポートする

「呼吸筋ストレッチ体操」を実演しました。

この体操は、東日本大震災で被災した小学校での指導が行われ、

多くの子供たちが安らかさや楽しさ、元気や笑顔を取り戻した

成果が得られています。

 

呼吸筋ストレッチ体操

呼吸筋ストレッチ体操

 

ご来場された方々も一緒に体操を行い、会場全体が一体となりました。

震災などに負けずに、これからの未来を担う子供たちの姿に

改めて強く生きていってほしいと、多くの方が思われたことでしょう。

 

呼吸筋ストレッチ体操

呼吸筋ストレッチ体操

 

また、プールジュールも出店し、「お米のロッシェ『ichizu』(いちず)」が

販売されました。

『ichizu』は、障がい者の職人さん達のひたむきで「いちず」な思いと

「一流のショコラティエをめざす」姿を製品にしたものであり、

おかげさまで完売するほどの大好評をいただきました。

 

プールジュール

プールジュール

 

プールジュール

プールジュール

 

今回の開催地は、震災時に津波に襲われた地域でした。

しかし、5年という歳月を経てこのような大きなイベントを行えるまでに

復興したのです。

その姿に多くの方が東北の未来図を重ね合わせ、

東北の将来に希望を感じたことでしょう。

 

東北復幸祭2016

東北復幸祭2016

 

東北復幸祭にご参加いただいた会員の皆さま、

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。