Home » 会員 » 「核酸」は、ここから始まった!

「核酸」は、ここから始まった!

上越新幹線「燕三条」駅
6月18日深夜・・・突如、核酸看板参上!
とても明るく晴れやかな看板で大変目立ちます。
駅の構内の階段を降りる時、
フォーデイズワンツースリーの商品を
表彰台風に並べて、
そのインパクトに圧倒されます。
乗客の皆さんは、この看板を眼前にして、
その頭上を見上げながら、通って行かれる訳です。
 

核酸看板2

 
この看板の必殺仕掛け人はというと、
言わずと知れた・・・知る人ゾ知るcool
新潟のドン、核酸のフィクサーH越先生
会員さんの育成を命題に日々ご尽力されています。
新潟に行きましたら、核酸クラブ「弥彦」に一度足を運びたいものです。

5コメント

  1. 一昨年の夏、思い切り蟹が食べられる‼その言葉に釣られて弥彦に行き、H越さんに初めてお会いし、沢山お話しを伺いました。「この会社の本当の素晴らしさはDRに成らなければ解らない!それには、セミナーを100回聴いて、何時までになる!と決める事!」そうして、私のスイッチが入りました!DRになって社長をはじめ沢山の方から感動を貰いました\(^o^)/H越さん本当にありがとうございましたm(_ _)m

  2. 弥彦には、3回伺って、その度に堀越さんの暖かさに、ふれさせていただきました。燕三条の駅に白いジャガーで、迎えに来てくださったこと、大広間で、おいしいお酒をいただきながら、フォーデイズの始めのお話を聞かせていただいたこと、弥彦神社にお参りして、感謝したこと、温泉に浸かってフォーデイズと出会えた幸せを、しみじみ感じたこと、今度は、グループのみんなと行きたいです。
    燕三条駅の看板嬉しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です