フォーデイズ 食の研究会 第7回体験イベント

人生を楽しむためのよりよい「食べもの」や「食事」の在り方を

研究する食の研究会。

 

2018年7月25(水)、第7回目の体験イベントとして、

「鮎やなバスツアー」を開催しました。

夏から秋にかけて行われる日本の伝統的な漁のひとつ「やな漁」。

その「やな場」のひとつで実際に鮎のつかみ取りを体験。

さらに、新鮮な鮎を使った料理を食べる、食のバスツアーです。

 

朝早くから「キッチンスタジオ」に参加される会員さまがご集合。

今回、食の研究会のイベントとしては過去最多の55名の会員さまに

ご参加いただきました。

 

食の研究会 鮎やなバスツアー

 

定刻通りにバスが出発。

皆さま久々の遠足気分で、早速おむすびやお菓子をパクパク。

この暑さにも負けずと、皆さま朝から元気です。

やはり核酸ドリンクのおかげでしょうか?

 

食の研究会 鮎やなバスツアー

 

まるで夏休みに昆虫採集に行く少年のような格好をした、

食の研究会の会長であるN井氏がご挨拶。

「『食の研究会』はフォーデイズの中でも特異な会です。

皆さまとともにいろんなイベントを開催してきました。

今日も一日とにかく楽しくすごしましょう。」

 

N井会長 挨拶

 

目的地である栃木県のやな場に到着後、

那須塩原方面から現地集合した16名の会員さまとも合流。

 

食の研究会 鮎やなバスツアー

 

皆さま揃いましたところで、代表和田の挨拶。

「『食べる』ということをいろんな面から考えてみようということで、

この研究会を開催しております。

こういったイベントを行いながら、人と一緒に囲む食の楽しさや、

栄養というものを考えていきたいと思います。」

 

代表和田 挨拶

 

続いて常務M本の挨拶。

「今、新しいアジェンダの審査期間中です。

いろんな企画をしておりますので、そちらの方でも

新たな食の楽しみを皆さんと一緒に味わいたいと思います。」

 

常務M本 挨拶

 

また、小学生のころから鮎釣りをしていたという、

現地の会員さまのH川 秀一さまより、

鮎漁について詳しく説明していただきました。

お話を聞いていた会員さまからは、鮎の上手な取り方や、

美味しい食べ方などの質問が続出。

普段なかなか聞くことのない内容であり、

楽しい学びの場となりました。

 

鮎採りの説明

 

いざ、鮎やなへ出発!

「鮎やな」とは、川をせき止めてその一部に流れ口をつくり、

成長して産卵のために川を下る鮎の習性を利用して、

「落簀(おてす)」と呼ばれる竹のスノコの上に落ちた鮎を取る

伝統的な漁法です。

 

鮎やな

 

勢いよく流れる冷た〜い川の水に足を浸からせながら、

皆さま歓声をあげつつひたすらに鮎取りに夢中です。

この夏の暑さを忘れ、まるで子供のころに戻ったかのように

皆さまはしゃぎながら笑顔で過ごしておられました。

 

鮎のつかみ取り

 

鮎やな 体験イベント

 

そして、自分たちが取ったばかりの鮎を焼いて食べるという、

これまた贅沢で楽しい時間の始まりです。

鮎取りでお腹がすいたうえに、大切な仲間と一緒に

美味しいお酒を飲みつつ焼きたての鮎を食べる。

皆さま大満足でその美味しさを堪能されていました。

 

鮎やな 体験イベント

 

鮎やな 体験イベント

 

鮎やな 体験イベント

 

最後に記念撮影をし、夏の日の思い出が刻まれたのでした。

 

鮎やな 体験イベント

 

これからも食にまつわるイベントを継続してまいります。

弊社ホームページ内の「食の研究会」のコーナーにて

紹介しておりますので、皆さまどしどしご応募ください。

2代目ビューティークルーが動き出す!

ビューティークルー・・・・

男性視点から女性の美を考え、

女性の魅力を最大限に引き出すメイクユニット。

 

ビューティークルー

 

全国の若手男性会員さまの中で、

厳正な審査により選ばれ、

そして美容研修を修了した10名のビューティークルーは、

主に本社主催のイベント等で活躍しており、

全国の会員さまから大好評をいただいております。

 

ビューティークルー

 

フォーデイズで評判のビューティークルーが、

あなたのフレンドリーに応援に行きます!

 

ビューティークルー

 

応援依頼の申し込み方法は、

「ビューティ-クルー派遣依頼申請書」に必要事項を記入の上、

FAXにて送信:0120-953-128(24時間可)、

もしくはサロンにご提出ください。

申請書はビューティークルー応援チラシの裏面にあります。

依頼に当たっての詳しい要綱もチラシをご覧ください。

 

ビューティークルー派遣依頼申請用チラシ表面

 

チラシは、「オープンCS」、「フレンドリーCS」

そしてサロンでお渡しいたします。

皆さまのご依頼をお待ちしています。

フォーデイズ フィリピン事業展開について

核酸ドリンク「ナチュラル DNコラーゲン」を発売して

今年12月で20年目を迎えるフォーデイズ株式会社は

フィリピンに現地子会社を設立し、正式開業に向けて準備しています。

 

フォーデイズフィリピンサロンにてスタッフと共に

 

フィリピンでは、弊社の主力製品である核酸ドリンク

「ナチュラル DNコラーゲン」等の栄養補助食品や化粧品を

現地のマルチレベルマーケティングの流通形態で販売します。

 

これに先立ち、フィリピン事業のビジネスパートナーとして、

プロボクシングの元6階級制覇王者にして、

フィリピン議会の上院議員で国民的英雄でもある

マニー・パッキャオ氏と合弁契約を締結しました。

 

マニー・パッキャオ氏との調印式

 

フォーデイズ代表和田は、今年5月22日にフィリピンに行き、

マニラ市内のホテルのバンケットルームにて、

マニー・パッキャオ氏と合弁契約調印式を行いました。

マニー・パッキャオ氏は現地子会社の役員にご就任いただく予定です。

この契約締結の内容が、6月29日の産経新聞東京本社版朝刊にて、

紹介されました。

 

マニー・パッキャオ氏との調印式
出典:2018年6月29日 産経新聞 朝刊

 

フォーデイズ 食の研究会 第2回体験イベント

フォーデイズ 食の研究会 第2回体験イベント

「お寺で精進料理を食べよう」

 

人生を楽しむためのよりよい「食べもの」や「食事」の在り方を

追求する本研究会。

食と健康にまつわる最新情報や活動内容をお届けしてまいります。

2018年2月26日(月)、東京・赤坂にある「常國寺 寺庵(てらん)」にて、

第2回目の体験イベント、

「お寺で精進料理を食べよう」を開催しました。

近年、健康食としても注目されている精進料理。

常國寺僧侶の方による講義は、

「春菊の白和え」や「揚げ大根のふき味噌のせ」、「うどの梅和え」といった

2月の旬の食材で彩った精進料理を食べながら学ぶスタイル。

歴史や、原点、使用する素材などを知り、精進料理に込められたメッセージに

触れることで「食」への理解を深め、

第1回に続き今回も、皆で楽しみながら学べる貴重な時間となりました。

精進料理を食べた後は、代表 和田が参加者の皆さまに感想を聴き、

「食べる」ことの大切さを皆さまとともに改めて感じる場となりました。

その当日の様子をまとめたダイジェスト動画を作成しましたので、

ぜひご覧ください。

 

 

※フォーデイズの核酸ドリンク

「ナチュラル DNコラーゲン」をバージョンアップ

~発売 20 年目を迎えるにあたり、

第Ⅷ世代の新核酸ドリンクとして新発売~

同時に、「核酸ドリンク」の公式サイトも一新しました。

https://kakusan-drink.jp/

フォーデイズ 食の研究会 第1回体験イベント

フォーデイズ 食の研究会 第1回体験イベント

「新潟の郷土料理と古代米を食べる会」

 

「食の研究会」とは、人生を楽しむためのよりよい「食べもの」や

「食事」の在り方を追求する研究会です。

「学ぶ」「知る」「体験する」の3つを軸として取り組み、

食と健康にまつわる最新情報や活動内容をお届けしてまいります。

2018年1月19日(金)、フォーデイズ キッチンスタジオにて、

記念すべき第1回目の体験イベントとして

「新潟の郷土料理と古代米を食べる会」を開催しました。

永井会長の「研究会と称していますが、基本楽しくやりましょう!」

という挨拶で和やかに始まり、その後は、

フォーデイズ会員第1号である堀越 與喜衛さまより

古代米に関する講義がありました。

あまり知られていない「古代米のもつ栄養」や

「モノを売るうえで大事なこと」など、

「食」を切り口としてフォーデイズのビジネスにつながる

貴重なお話をしていただきました。

料理教室では、「のっぺ」と「米ぬかの卯の花」つくりに挑戦。

お待ちかねの実食では「美味しい!」と最高の笑顔が見られ、

大成功のイベントとなりました。

 

 

※フォーデイズの核酸ドリンク

「ナチュラル DNコラーゲン」をバージョンアップ

~発売 20 年目を迎えるにあたり、

第Ⅷ世代の新核酸ドリンクとして新発売~

同時に、「核酸ドリンク」の公式サイトも一新しました。

https://kakusan-drink.jp/

 

 

第7回 心をつなごう日本 “東北復幸祭” 2018

フォーデイズの社会貢献活動のひとつについてご紹介します。

 

第7回 心をつなごう日本 “東北復幸祭” 2018

新たな未来に向かって、踏み出す一歩

 

日時:2018年2月24日(土)

会場:郡山市民文化センター

主催:産経新聞社

協力:フォーデイズ株式会社

後援:郡山市、郡山市教育委員会、福島民報社

認定NPO法人 郡山ペップ子育てネットワーク

NPO法人 安らぎ呼吸プロジェクト

 

被災地の方々に元気と笑顔を届けるために

2012年から始まった「心をつなごう日本 ‘’東北復幸祭”」は、

今年で7回目を迎えます。

フォーデイズは、東日本大震災の復興支援として、

このイベントに毎年協力しています。

第1部は、元プロ野球選手で現在は

ベースボール・チャレンジ・リーグの福島ホープスの監督として

活躍中の岩村 明憲氏の挨拶から始まり、

認定NPO法人 郡山ペップ子育てネットワーク

理事長の菊池 信太郎氏と

NPO法人 安らぎ呼吸プロジェクト創設者である

本間 生夫先生(昭和大学名誉教授)が

福島の未来をテーマに対談。

菊池氏が震災後、郡山市に子供の心のケアを目的として

開設した「PEP Kids Koriyama」についての話や、

今後の子供の養育環境や居場所づくりについて

語り合われました。

その後、〝ラッタッタ呼吸体操〟の実演もあり、

皆さま一緒になって体を思いっきり動かしてリフレッシュ。

会場全体が元気いっぱいな空気に包まれました。

第2部は、シンガー・ソングライターの平松 愛理氏による

コンサートで大いに盛りあがり、

今年も東北の方々とひとつになって感動を

分かち合える貴重な場となりました。

 

その時の様子を下記のダイジェスト動画からご覧いただけます。

 

第34回 フォーデイズ アジェンダ 香港・マカオ

第34回 フォーデイズ アジェンダ 香港・マカオ

参加者は645名。初参加者は230名でした。

2018年2月27日(火)から3月3日(土)まで、

4泊5日のフォーデイズ海外アジェンダを行いました。

初日は、香港に到着後フェリーでマカオに移動。

2日目の午前中、アジェンダセミナーを開催。

 

香港マカオアジェンダセミナー

 

午後から、グループ毎にマカオ市内観光組と

自由行動組に分かれて、それぞれのマカオを満喫。

カジノと言えば「ラスベガス」を連想しそうですが、

それをしのぐ勢いで発展を続ける一大レジャー都市マカオ。

360度、そびえ立つ巨大なホテル群は未来の建物?と思えるほど。

そこを一歩離れると、30か所の世界遺産に触れることができる

なんとも贅沢な歴史的都市でもあるのです。

夜には、懇親会で大いに盛りあがりました。

 

香港マカオアジェンダ市内観光

 

3日目は、香港に移動して、

フォーデイズ香港サロンを順次、訪問。

そこでは、香港の会員さまと代表和田が、垂れ幕を掲げて、

日本の会員さまをお出迎え。サプライズでしたね。

みんなで記念撮影。

 

フォーデイズ香港サロンお出迎え

 

4日目は、香港市内観光・100万ドルの夜景観光など、

すべてに非現実を味わうことのできるアジェンダツアーでした。

初参加された方々のコメントを中心にダイジェスト動画を作成しました。

次回の韓国アジェンダには、

大切な友人を誘ってご参加いただけましたら幸いです。

 

FORDAYS 春 2018 in KUMAMOTO

2018年3月14日(水)、

今年で7回目を迎える「フォーデイズ 春」を熊本で開催しました。

なんと、フォーデイズの会員さま約5,300名が、

全国各地からお集まりくださいました!

 

フォーデイズ春会場外観

 

メイン会場では、義足のプロダンサー大前 光市さんによる

感動的なダンスパフォーマンスで幕開け。

 

オープニングアクト

 

熊本の実行委員会の方々が、ステージに登壇され、

会場一体となって「Let’s FORDAYS!」と一斉に唱和。

特別講演会とともにエンターテイメントショーで笑いあり、涙あり。

熊本の美味しさがギュッとつまった豪華なお弁当を堪能。

 

熊本実行委員ご挨拶

 

特別セミナーでは、食文化史研究家の永山 久夫先生が

「“人生100年”の時代 100歳食入門」と題し、

“ 笑うこと”や、“ 食生活”の重要性について

愉快な語り口で進められました。

そして、トップメンバーによるセミナーでは、

座りきれないほど多くの方にご参加いただき大盛況!

今こそ行わなければならないことや

フォーデイズの魅力について語っていただきました。

 

特別セミナー「食の研究会」

 

フォーデイズの活動や楽しさが体感できる展示エリアでは、

仲間とともに春を満喫する姿がたくさん見られました。

また、話題のビューティークルーによるメイクサービスで

大変身された会員さまたちが、その界隈を彩り、

明るさ、華やかさで春爛漫といったところ。

 

ビューティークルー

 

どりんぴん記念撮影

 

「今だからこそ、エネルギーをもらいに来ました」

「いつもワクワクドキドキがあって楽しい」と

元気あふれるお声をいただき、

今回も、集まることの大切さを実感できる

「フォーデイズ 春」となりました。

その時の記録映像をまとめました。

どうぞ、ご覧いただけましたら幸いです。

 

 

尚、末筆になりますが、

熊本地震で被害を受けた熊本城復興を支援するため、

「フォーデイズ 春」のチケット代の一部(6,000円のうち1,000円)と

会社からの寄付金を合わせた800万円を

「熊本城復興支援金」として、

熊本県に寄付させていただきましたことをご報告いたします。

 

熊本県庁にて目録の贈呈

 

フォーデイズ 新ドリンク発表会開催!!

2018年6月7日(木)、

フォーデイズ 東京サロンにて、

新核酸ドリンクを会員の皆さまにより深く知っていただき、

また、新規の方には核酸栄養の魅力を伝える発表会を開催しました。

2019年12月の「ドリンク発売20周年」に向けて、

7回目のバージョンアップとなる新核酸ドリンクのことを知るために、

第1部・第2部合わせて1,000名近くの方々にご参加いただきました。

 

新ドリンク発表会

 

まずは、技術部学術研究課 主任研究員SH田より、

研究へのこだわりについての説明。

 

そして、ゲーム大会。

初めてフォーデイズにご参加いただいた10名さまにご登壇いただいての

ジェスチャーゲームです。

簡単なお題を、隣の人へ、隣の人へ・・・と伝えていただきました。

人から人へ、それはあたかも、ネットワークビジネスの活動の如くです。

「伝える」難しさを体感していただいたのと同時に、

会場の爆笑を誘っての大盛りあがりのゲームとなりました。

 

ジェスチャーゲーム

 

代表和田の挨拶。

「ネットワークビジネスは連鎖販売取引と言いますが、

この一番のよさはお客さんが近いということだと思います。

今回のドリンクは、会員の方々からお寄せいただいた言葉・情報を

入れながら、どこの時にどういう声があったかを反映しています。」

 

代表和田 挨拶

 

続いて、営業統括部より、新核酸ドリンクの説明、

また、ダイエット製品のご紹介をさせていただきました。

その後、これこそがフォーデイズの本領発揮とも言える

大抽選会の始まりです。

と、その前に、当選品のひとつである「あわわ(泡立て器)」について、

代表和田自らが使い方を実演しました。

 

製品実演

 

抽選会は、高確率の当選とあって、当選番号を握り締める会員さまの

手にも思わず力が入ります。

 

抽選会

 

会員さま代表スピーチ

茨城県 S寄 恵子さま

「登録当初から核酸ドリンクを美味しく感じています。

美味しくないと続かないと思っています。

新核酸ドリンクが本当に楽しみで、ワクワク・ドキドキしています。」

 

S寄 恵子さま

 

常務M本より締めの挨拶。

「多くの方々とこういう発表会ができることを感謝しております。

フォーデイズを伝えてくださった方と、伝えられた方の笑顔をいかに多く

つくっていくかというところをしっかりとやってまいります。」

 

常務M本 締めの挨拶

 

そして、「楽しいことは関東から!Let’s FORDAYS!」の合言葉で

締めとなりました。

 

Let’s FORDAYS!

 

フォーデイズが自信を持ってお届けする新核酸ドリンク。

どうぞ倍旧のご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申しあげます。

フォーデイズ リスタートイベント開催!!

2018年5月24日(木)、

フォーデイズのサロンを中心とした全国10会場で、

新規紹介活動再開の「リスタートイベント」を開催しました。

みんなで新しい船出をし、ワクワク感を共有して「楽しいフォーデイズ」を

再確認するこのイベントには、全国の会場で合計4,000名を超える

会員の皆さまにお集まりいただきました。

新しい方をフォーデイズに紹介できるワクワク感・ドキドキ感を胸に秘め、

多くの笑顔が生まれたイベントとなりました。

 

フォーデイズ リスタートイベント

 

イベントの冒頭、フォーデイズ史上初の試みとなる、会場同士を回線でつなぐ

同時中継を行いました。

代表和田の姿が映り、挨拶が届くと、各会場からはどよめきと歓声が!

実際の距離は遠くても、このように人と人のつながりを身近に感じられる

システムに、会員さまも感心しきりのご様子でした。

 

参加会場同時中継

 

代表和田の挨拶

「会員の方とひとつになって、これからのことをこの6ヶ月間考えてきました。

それは『もっといいフォーデイズにしていくために』ということだったと

思います。同時にもっと楽しいフォーデイズになっていかないといけない、

その中にはコンプライアンスという問題もあって、皆さんが安心して大切な

人を預けられる仲間にしていくということがすごく必要だと思いました。」

 

代表和田 挨拶

 

続いて、関東コンプライアンス委員長のS々木 英二さまより開会の挨拶。

「フォーデイズライフのなかで一番忙しく動いた半年間だったと思います。

これからが本当のフォーデイズのスタートになるとワクワクしています。

コンプライアンス委員会も一生懸命サポートさせていただきますので、

今日からまた皆さんと一丸となって歩んでいきたいと思います。」

 

S々木 英二さま

 

お話の最中、この6ヶ月のことを思い出してのことでしょう、

いつもは笑顔のS々木さまですが、この時は思わず目に光るものが・・・

 

この後、今回初めてフォーデイズにご参加いただいた方々を含めた

ゲーム大会を行ったり、

抽選会で多くの皆さまにお楽しみいただきました。

 

楽しい時間は早いものです。

常務M本より締めの挨拶。

「会員の皆さまそれぞれの夢や目標を実現していく、そういう場所を今日から

また皆さんとつくってまいりたいと感じております。皆さんと一緒に前を

向いてしっかりすすんでいくことを心に決めて、スタートしてまいりたいと

思います。」

 

常務M本 締めの挨拶

 

そして、「楽しいことは関東から、Let’s FORDAYS!」の合言葉で

締めとなりました。

 

締めの合言葉

 

会員の皆さま、大変長らくお待たせをいたしました。

再起動したフォーデイズを、これからもどうぞよろしくお願い申しあげます。

1 2 3 14